理想の結婚式とは

 

結婚式は多くの女の子の小さい頃からの夢です。小さい頃は「パパのお嫁さんになる」などと本気で思っていたりしますが、まだ見ぬ未来の旦那様と一緒にいるドレス姿のお嫁さんには、ものすごい憧れを抱いているものです。実際にその話が現実に近付いてくると、幻想は変化していったりすることが多いですが、本人たちと、その両親との間で意見が違ったり、費用を誰が支払うか、などの現実的な問題が発生してきたりします。

教会式なのか神前式なのか人前式なのか、仏式なのか…など、そこからもうそれぞれが思い描いてきた理想が違ったり、出身地が違ったり、もしかすると宗教が違ったりして食い違いがちです。また、海外挙式というものも選択肢に加わるともう大変です。その後の披露宴がまた大変ですが、それはまた後に触れることにします。

カップルが結婚を決めると、多くの場合神様に誓って周りの人にお披露目をします。それが結婚式ですが、日本では古くは通い婚の後にお披露目をするだけだとされており、その後武士などが式を行っていたりする記録が残っています。明治にやっと神前式が主流になっていったことから、歴史の中ではそれほど重要ではなかったようです。神に誓う形式は、西洋から入ってきたもので、かなり新しい習慣であると言えます。特に熱心なキリスト教信者ではないのに「ドレスが着たいから教会式にしよう」とか「はじめに着物で登場したいから神前式にしよう」とか、多くの人がそのような理由で気軽に選んで行っています。



〈結婚式特集〉
海外ウェディングからハネムーンまでプランニングしているサイトです ... 海外ウェディング